Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://amicuswindorchestra.blog28.fc2.com/tb.php/17-bd106026

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今日は譜読み大会

日付変わって今日は指揮者おかもと友人Kと、
3人でバッカナールの譜読み、勉強会です。
今後のコマの傾向と対策の分析ですね。

前回の練習時にも言いましたが、
俺が彼を呼んだ理由は、「みんなでつくる」音楽がしたいから。
彼にはそれを受け入れるだけの優しさ(鈍感さ?)があります。
多少何を言っても許してくれますし、
今まで諸先輩方のきつ~い注文にも耐えてきました。

彼からamicusに関してよく聞く話、
「奏者は俺との間にバリアを張っている」と。
確かに見知らぬ人々の集まりで緊張もするでしょうが、
もうそんなことも言ってられない時期ですし、
なによりせっかく集まったメンバーですやん。
やりたいようにやらなきゃもったいない。

ただね、やりたいようにやるためにはまず技量、練習が必要なわけで、
明らかに練習不足で吹けないんやなってのも
こないだ見ててよくわかりました。
特に木管は難しいですからね…。

みんな全員がそれぞれの生活がある中でやってきてくれてる訳で、
大変なのも百も承知なのです。
以前自分のブログにも書きましたが、
本当はお金払って本番乗ってくれるだけで涙が出るほど嬉しいんです。
でも代表という立場上私は締めなければならない。
難しい状況に立たされております。

何が言いたいかと言いますと、
みんなもうちょっと曲について練習し考えてきて、
それを合奏の時にぶつけ合えたら素晴らしいな、
ということです。

以前Keathが掲示板に書いてたように、
奏者何人かに指揮を振らせてみるのも面白いかもなぁ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://amicuswindorchestra.blog28.fc2.com/tb.php/17-bd106026

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。